自動運転の自動車保険やトラブル対策

自動車保険見直しネット

自動車保険の種類

自動車保険には大別すると、自動車損害賠償責任保険(強制)、任意保険、車両保険(盗難保険)に別けられます。

自己賠償責任保険は、法律によって加入が義務付けられている保険で、ほとんどの場合、車両購入時や車検の際に加入(更新)することになります。

対象は人身事故となっており、保険料金は、被害者1人につき 死亡 3000万円 重度後遺障害 4000万円まで 障害120万円まで

となっています。対象が人身事故となっていることから物損事故に対しては保険が効きません。つまり相手の車両や信号機やガードレールなどの補償は対象外です。

自動車損害賠償責任保険は、自動車損害賠償保障法により加入が義務となっていますので、未加入の場合「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」が科せられ、反則点数6 となり、刑事裁判手続きによる処分の対象となります。

任意保険は、一般的に自動車保険と呼ばれるもので、上述した自賠責保険でカバーできない部分を補う保険です。

重度の人身事故や、また物損事故が発生した際には、賠償費用が、自賠責保険だけでは不十分ですべてが補償されません。

そういった場合を補償するものとなります。加入は強制ではありませんが、今ではほとんどの人が加入しています。

 

任意保険は、次の条件によって保険料が変動します。

・運転者の年齢(若い人ほど高く、また60代以降は高齢になるにつれて高くなる)

・車両(車両の利率により保険料が高くなる、事故を起こしやすいスポーツカーや盗難率の高い車両、車両価格の高い高級車など)

・特殊車両(危険物などを搭載している車両は、事故が起きた場合の被害が大きくなる)

車両保険は、


投稿日:2016年10月3日 更新日:

Copyright© 自動車保険見直しネット , 2021 AllRights Reserved.